細野 朝士 万華鏡よもやま話

好き勝手書いていくブログです。誰にも忖度いたしません

個展7日目を終えて

本日は朝早くからお越しいただき有り難うございました。

始めは佐藤さんの万華鏡、こんなにあったのですね。

f:id:ochiyama:20200630111832j:plain

f:id:ochiyama:20200630111827j:plain

あっという間に寂しくなってしまって、午後にいらしたお客様には、大変申し訳ございませんでした。

仙台から来て頂いた甲斐がありました。


明日のゲストはグラスニーク兼古さんです。

やはり遠方、長浜からお越し頂きます。

兼古さんは夜中の車移動ではなく、前乗り電車移動かと思われます。


私の我がままにお付き合い頂き、沢山ご用意頂いている筈ですので、どうぞお楽しみに。


悪天候が予想されますが、期待を裏切らない世界があると思います。

兼古さん、よろしくお願いします。



休廊日を終えて

折角の休みなので、いままで準備してきたパーツを組み立てて、今日は仕上げ作業です。

今、10本並行して作業していますが、何本仕上げられるでしょう?

結構いいのが出来る予定です。


明日のゲストは佐藤さんです。

私と同じく、今仕上げ作業に追われているそうです。そして深夜に仙台を出発して、そのまま在廊予定。

相変わらず、無駄の無い過酷スケジュール。

佐藤さんからのコメント

交通費くらいは売れて欲しいっすね〜

と言ってましたので、どうぞ宜しくお願いします。


尚、今までいらしたお客様に、佐藤さんは昼前後で用事を済ますため、ちょっといない時間がありますよ。とお伝えしておりましたが、用事は無くなり、常に在廊できる予定になりました。どうぞいつでもいらして下さいませ。

f:id:ochiyama:20200609213334j:plain


万華鏡よもやま話 その18

f:id:ochiyama:20200604203534j:plain

今日は休廊日なので、展示会中に考えた事を書いてみます。


この業界には、いま幾つかの方向性があると思います。


一つは、万華鏡の地位向上を目指して、芸術として認められるべく、美術館などでの展開を探る動き。確かに大型で御婦人を虜にするような万華鏡もありますし、話題作りにもなりやすい方向性のような気もします。

難を言えば、現状でそれが生活に直結するような作家さんはごく一部で、その他の方は美術館に展示されたという実績作りに留まるのかな?と想像します。

長い目で見た時に、地位向上とともに、大きな流れが出来ればというところだと思います。


もう一つは、生活に直結する動き。

作家もショップも当然続けていかねばなりませんから、とても大切な視点でもあります。

イベントやネットショップなど何でも駆使して、とにかく万華鏡を宣伝して売る事。

売れれば、買って下さった方の周辺の方も万華鏡に触れる機会ができて、勝手に宣伝してくれる。

難を言えば、今売れればいいという発想、売りやすい物を扱うという方向になりがちです。そうなると万華鏡そのものよりも、宣伝しやすい物、キャッチャーな物を扱うようになり、そのような万華鏡が広く宣伝され、万華鏡のイメージを作り上げていきます。


私個人は、この二つの流れをどこか冷めた目で見ていて、普通に作家は日々精進し、普通に評価されるべき万華鏡が評価されればいいだけではないかな?と考えています。

作家それぞれが、必要な活動を見極めて、時には作家同士連携して、作家だけでもイベントが成り立つくらいの力をつけ、自分のスタンスを確立した上で、専門店と関わる。

専門店では、評価されるべき万華鏡が並び、さらなる向上のため、万華鏡愛に溢れた店長さんが厳しくも適切なアドバイスをしてくれる。

同じく万華鏡愛に溢れたお客様が集う。


それが業界が永く続いていくための定石ではないかと考えています。



個展6日目を終えて

前半が終了した事になります。

週末の割に、静かな日となりましたが、

懐かしい人達、熱心に見てくださるお客様のお陰で、嬉しい一日となりました。

ありがとうございました。

ときどき散歩に出掛けたりしておりました。

昭和通りに掛かる、歩道橋から見るvivant。f:id:ochiyama:20200628171548j:plain右隅です。


本日は休廊となりますので、お間違え無いようお願いします。


火曜日からまた二人展です。

f:id:ochiyama:20200628191637j:plain

佐藤さんの作品を思い描きながら、スペースを作り、照明を当てて家路につきました。


今日は久々の休日、在庫の減った種類を追加すべく、制作に励みます。結局休日ではありませんでした。


最高額がつけられるような作品が作れればいいのですが、私は全力を尽くすのみ、あとは神のみぞ知るところでございます。

個展5日目を終えて

本日は久々の個展、しかも初めの週末という事で、期待し過ぎたのか、とても寂しい一日となりました。

今朝の占いで、牡羊座が最下位だったからでしょう。ラッキーアイテムの冷やし中華を食べるべきだったのかもしれません。

二人展が恋しいです。

f:id:ochiyama:20200627162553j:plain

f:id:ochiyama:20200627105541j:plain

とはいえ、お越しいただいたお客様、ありがとうございました。

個展4日目を終えて

今日のゲストは香川さんでした。

圧倒的に若い香川さん。頑張って沢山の作品を持ってきてくれて、華のあるフレッシュな映像を見せてくれました。

ベテランの男性作家さんが、競うように駆けつけて下さって、香川さんの注目度がよくわかりました😁


しっかりとしたプロ願望をお持ちの作家さんですから、これから精力的に活動されることでしょう。応援しています。

香川さん、本日はありがとうございました。

f:id:ochiyama:20200626125121j:plainf:id:ochiyama:20200626125412j:plain

明日は私の個展となります。

最初の週末なので、沢山の方々とお会い出来る事を願っております。

3日目を終えて その2

二人展を2日行って、今率直に思っている事は、一日じゃ勿体無いな…と


長丁場の展示会ですから、希望的推測では終わりに行く程、在庫が減って寂しくなる筈。


もっと希望を言えば、最終日はすっからかんですよ。


これじゃ来て下さったお客様に申し訳ないのではないか?と考えたのです。


という事で、最終日の7/5もゲストをお呼びしたらどうかな?

二人展と言わず、希望者全員集合的なノリもありではないか?

というアイデアを15分前に思い付きまして、広くご意見を伺いたいなと思います。

ゲストさん、もしこちらを見ていましたら、ご意見をお聞かせください。

f:id:ochiyama:20200623190643j:plain

個展3日目を終えて

本日はかたおかさんをお迎えしました。

万華鏡愛好家の方々がじっくりと見て下さり

交流の絶えない、楽しい時間となりました。


万華鏡は勿論、キャラクター、お客様との関わり方等、大変興味深く勉強になりました。

流石のかたおかさんだったのですが、目玉だったキャッシュレス決済が凡ミスで使えないというお茶目な面も見せてくれました。

かたおかさん、本当にありがとうございました。

f:id:ochiyama:20200625110206j:plainf:id:ochiyama:20200625110213j:plain

明日は香川さんをお迎え致します。

どのような作品を用意してくれるのか楽しみです。

個展2日目を終えて

今日は楽しく、意味のある一日となりました。


高林さんは、期待通り特別な作品を持って来てくれて、今後の展望を示してくれました。

会場も、とても充実した見応えのある雰囲気で、一日では勿体無い気持ちにもなりました。

f:id:ochiyama:20200624135357j:plainf:id:ochiyama:20200624135349j:plainf:id:ochiyama:20200624135101j:plain

f:id:ochiyama:20200624135031j:plain

沢山の作家さんと、久しぶりにお会いして、様々な情報交換を行いました。

個展ではなかなか得られない貴重な時間となりました。

高林さん、ありがとうございました。


明日のゲストはかたおかさんです。

既に今日、沢山お話ししましたが、明日も宜しくお願いします。

アラベスクを20本程と、珍しく大きなタイプを1本展示頂けます。

個展初日

最高の個展日和となりました。

f:id:ochiyama:20200623140128j:plainf:id:ochiyama:20200623111054j:plain

f:id:ochiyama:20200623111115j:plain

f:id:ochiyama:20200623135544j:plain

ゆったりと見ていただいています。

価格を変えるのは、大正解。

話ははずむし、共鳴する悦びが大きいように思います。

自分自身まだ研究中ですし、まだ驚きが大きいので、一緒になって、これいいよね!

また見てもやっぱりいい、

暫く置いてまた見ても、一瞬でもいい。

これ最高だな〜!なんて具合です。


初日は、高額のモノから売れていくという現象がおきております。


買って頂いた方も納得してしていただき、満足感が大きいと感じます。


勿論、私も嬉しいです!


頑張って、またいいのを作らねば。

全ての歯車が理想的な形で噛み合い、動き出そうとしています。



このブログについて

このブログをどんな方々が見て下さっているのでしょうか?

私にも実態は分かりません。

ただ、現在およそ、のべ6500名の方が見てくださったという事は分かります。

この数が多いのかどうかも判断が難しいですが、例えば今年、万華鏡を1000本作ろうかな?と考えれば、一気に現実的に感じる事ができます。


殆どは万華鏡関連の方だろうと考えていますが、実態は分かりません。


ブログがSNSなのかさえよく分かっていませんが、これからはSNSをどのように使うのか?という視点が必要な時代なのかもしれません。


私はへそ曲がりなので、SNSを通じて

「SNSでは分からないよ」と言いたい気持ちもありつつ、SNSからの行動や、その可能性を観察したいという気持ちもあり、

一つの実験のように考えています。


前にも触れましたが、このブログの注目記事というのは、意図的に操作する事も可能です。そういった事も含めて楽しい実験になっています。


一般論でさまざまな批判もしましたし、今回の自分の作品を通じての自虐的で真剣な実験も、全て自分の美意識がそうさせるのでしょう。


今年から主体的に、自ら動こうという気持ちが伝われば、それでひとつ意味がある事だとも思っています。


今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。



個展前日

明日から個展が始まります。

いつもの事ですか、私の万華鏡には専用の箱など無く、キチンとした梱包、ましてやギフト用の包装などできず、プチプチで包んでお渡しとなります。申し訳ありませんが、どうぞご了承下さいませ。


今年の本気度を表す物としましては、ショップカード的な物を作ってみました。


あと、いつもお伝えし忘れてしまうのですが、ネームや、ちょっとしたメッセージくらいなら入れられます。上手でないですが、数字やアルファベットです。


ゲスト作家の直前情報としましては、高林さんはこだわりのタイプや、普段お店には並ばないような特別な万華鏡を並べてくれるという情報が入っております。

f:id:ochiyama:20200521220208j:plain






搬入を終えて

本日、個展の搬入を行いました。

個人的には、大満足な会場。

真っ白の空間に極々シンプルに陳列。

やってみたくても、あまりに寂しいからと、

販売のプロの方は、嫌うように思います。

自己責任で自分でやったからこそのシンプル。


私のカレイドスコープにとって最適に

テレイドスコープにとって最悪に展示されました。


私のテレイドスコープは素晴らしいと思っちゃってる人、よく見て下さいね。

こんなもんですよ。これが現実です。


今回は、分かりやすく評価で、価格も変えてますよ。


安くなってるのは、評価が悪いのです。

それでも、恥ずかしげもなく、サイン書いて自分の作品として売ります。

通常価格より上乗せしたのもありますよ。

それだって、このレベル。

分かりやすいでしょ?


万華鏡は一本一本違うという事を、広く皆様にお知らせする事が、今回の裏のコンセプトです。


評価されるべき人や万華鏡が正しく評価される

そういう時代にする一助になればと願っております。

f:id:ochiyama:20200621184548j:plain





小嶌さん その4

手のひらに収まるような小さな万華鏡から、置き型の仕掛けのある大きな万華鏡まで作られますが、それぞれに小嶌さんらしい雰囲気、考えられた納まり、説得力のある内部映像に仕上げられていると思います。


小嶌さんのように自然と個性が出る作家さんは、皆さんから羨ましがられるのではないでしょうか?


作り手として、デザイナーとしての経験値、幅広い知識や技術から、自由に表現できるからこそ滲み出る個性のようにも思います。


それはある意味、私とは真逆で、

私の場合は、できる事が非常に限られているからこそ、それしか出来ず、自ずと個性的になってしまうのに対して、

小嶌さんは何でもできる中から、選択してそれでも個性が出てしまうという、自分の世界観をしっかりお持ちの方なのだと思います。


最近、何かでプロフィールを拝見したような気がするのですが、どちらで拝見したか分からなくなってしまいました。

あの生まれ年は本当なのでしょうか?

少し上の方くらいだと思っていたので、ショックでしたー


きっとそれも何か怪しい、年をとらない魔術的なモノが絡んでいるのかもしれませんね。

f:id:ochiyama:20200609213316j:plain



小嶌さん その3

小嶌さんの作られる万華鏡は、煌びやかだと思います。このキラキラ感が噂のダイクロという物ですか?

ガラスの知識ゼロの私には、よく分からないのですが、この反則級のキラキラがふんだんに使われていて、尚且つ乳白のガラス?がさりげなくアンニュイな雰囲気を醸し出す訳です。

その上、キラキラした光が周囲に映り込んで、豪華!


ちょっとズルいんじゃないですかね?

これが錬金術のなせる技なのでしょか?


いつどこで見ても綺麗な、計算された万華鏡だと思います。

さらに、価格を見てビックリ。

手のひらサイズの可愛いタイプ、こんな値段で出していいんですか?


これも採算度外視なんですか?

それとも営業妨害なんですか?


今度、是非教えて下さい。

f:id:ochiyama:20200310170112j:plain